ただいま と言える場所

あつこです。

 

あなたには、

“ただいまと言える場所”

ありますか?

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

先日、りこねえ こと 長島由利子さん主催のコミュニティー

通称 スイートコミュの合宿に参加してきました。

 

 

「おかえりーーー」

「ただいまーーーー」

って乾杯して

食べて、呑んで、話しているだけなのに、

満ちていく

 

先ほど、クルーの一人である、

みゆみゆ こと さとうみゆきさんからこの日の写真がおくられてきました。

(このコミュニティーでは、仲間のことをともに旅をする船の船員にたとえて、クルーと言います。)

 

写真を見ているだけで、また満ちてゆく

 

ほっとして、無駄な力は入らない

けれど、すうっと背筋が通るような

安堵感を感じています。

 

あつこがそこにいる。

ひとりで立っているあつこ

みんなのともにいるあつこ

感じています。

 

ここから先は、みゆみゆの写真とともにつづらせていただきます。

 

 

 

私をこのコミュニティーに誘ってくれたのは、

リラリラ こと片野あきこさん

手前の青い洋服の方です。

 

リラリラのご自宅とは、私の実家がすんごく近所なんです。

私は、ずぅっとリラリラのブログを読んでいて

ずぅっとお会いしたいと思っていて、

3年ほど前の私の誕生日に自分へのプレゼントにって

当時リラリラがやっていたリラカフェに行ったのが初めての出会い。

 

その後、思うところあって、教員を辞め、

“自分”というものを誰かに認めてほしくて

いろいろやって、資格もとって、

けど、焦りが消えなくて、不安で不安で仕方がなかった時に、

リラリラのスクール0期生のお誘いを受けたのが、

私の人生の転機でした。

苦しくて苦しくて仕方がなかった時だったけど、

リラリラとまた再会できた

それは、最善のタイミングだったのだと思う。

 

 

その後、スクール生さんも増え、

リラリラのコミュニティーができ、

私は、その頃、0期生として

背中を見せなきゃって

ちょっと力んでいた、と思う。

「背中を見せてくれてありがとう」

なんて言われるのが

うれしかったけど、今思うとちょっとつらかったな。

私は私のためにやっているのっ

あなたに見せるためじゃないのっ

なんて思いもあった。

けど、言えなかったな。

お利口さんの私でいたかったから。

 

それは、決して、誰かのせいではなく、

私自身が、

なにかができる自分でいないと、ありがとうと言われないのだ

がんばっている自分でないとありがとうと言われないのだ

という枠の中にいたからだったのだと思う。

それに最近気づいて、気づかせてくれたみんなにやっとのことで感謝があふれてきて。

 

本当に、なんていうか

苦しいな とか

胸がザワザワする感じ とか

人がうらやましくて仕方がなかったりする感じ とか

人によく見られたくて、力がはいってしまっていたりする感じ とか

避けて通りたいような感情とか、

無意識にやってしまっていることとか

そういうことが私には、いっぱいあります。

 

あるけれど、ずうっとあったのだけれど、

 

氣づけずに?

氣ずかずに?

氣づかないふりをして?

やってきました。

 

 

実は、リラリラからスイートコミュへのお誘いを受けたとき

私、最初は、今じゃないと思う、とそのお誘いを受け取れず、お断りしました。

こわかったんです。

もっとがんばらないと、その中にはいられないんじゃないかって。

 

 

けどね

先に、

えいって、

スイートコミュに入ったスクールの仲間が素敵になっていった。

 

すごく嫉妬した。

嫉妬したけど、

彼女の背中は私に勇気をくれたし、

彼女に感じた嫉妬は、私を動かしてくれたよ。

そんな風に私を動かしてくれる人に出会えたこと

そんな人たちと心から付き合っていけること

感謝

 

 

ただいま

スイートコミュの合宿に行って

おうちに帰ってきて、

家族に子どもたちに

ただいま

 

泥のように眠って

翌朝

リラリラのコミュニティーのみんなに

ただいま

自然にそう書いていたよ。

 

 

ただいま

って今まで生きてきて

何度も何度も

それこそ無意識に何度も何度も言ってきたけれど、

 

こんなに安心できる言葉だったのだな

って初めて思った。

 

 

ただいま   と言える場所があるから

 

私は、

私の場所で

堂々と

私を生きてゆける

 

 

 

誰かに見せるわけではないのだけれど、

その姿を誰かが見て

その誰かに

「その背中を見せてくれてありがとう」

って言われたら、

今度は素直にその言葉をうけとれそうだな

ってちょっと思ったよ。