流れに乗るため、には・・・

こんにちは

 

昨日、とってもかわいいネイリストの友人とランチをしてきました。

彼女は、ランチデートという表現をしていて

わ♡かわいい表現だなって思いました。

 

フルーツカフェBittaさん

焼きたてのほかほかのダッチベイビーおいしいです。

 

彼女とゆっくりお話するのは

とっても久しぶりでした。

 

あれ?
去年の秋の遠足ぶりでしたっけ?

去年、

私たちが住んどる飛騨の映画なんやって!!

しかも、めっちゃ話題になっとるよ!!!

けど、飛騨には映画館がなーーーい

って往復4時間ほどかけて

みんなで観に行ったんです、『君の名は』

 

「あの頃、ぴんしゃんやろうって思ってたんですか?」

 

そういえば、全然そんなこと思ってもなかったんです。

 

振り返ると

去年の1月に飛騨高山で開催されたウィーキングセミナーに参加し

デューク更家氏の一番弟子である小野寺麻理子先生との初めての出会いです。

真ん中が当時の私です。

右が小野寺麻理子先生

左は、ドュースフレール虎井美侑季さん

 

 

そして、4月からのデュークさんのレッスンに参加することを決め

 

最初は、

自分の体型が変わったこと

お尻がまあるくかわいくなったこと

ウエストのラインがきれいになったこと

歩くことが楽しくなったこと

 

自分のことばっかりでしたが、

ふと気づいたら隣を歩いている娘が

足をひきずらなくなっていたこと。

 

いろんな変化がありました。

レッスンの最終日

パーティーでドレスを着て、歩きました!

右 デューク更家氏

真ん中 私

左 夫

 

ちなみに詳しいことをあまり調べずに参加したこのレッスン

最後のゴールは、

ドレスを着て人前を歩く

という設定でした。

ドキドキの初めての経験、いっぱいさせていただきましたよーー♡

 

 

そして、

“自分が”気持ちよく歩くことが当たり前になってきた頃

11月にまた小野寺麻理子先生が高山にいらっしゃいました。

その時に私は、なぜかスタッフ側で参加させていただくという流れに・・・

思えば、これが天のはからいだったのです。

 

この時には、すべてのウォーキングセミナーに同席させていただきました。

参加者とは違う立ち位置で見る というのは、

私にとって参加する以上に大きな学びがあったんです。

 

足が痛い

自信がない

下を向いて歩いている

方が

歩幅が広がり

前を向いて

生き生きと歩いてゆく

 

自分のことではないのに

感動してちょこっとこっそり泣いてました。

 

そして、もうひとつ

麻理子先生をお迎えにあがったときに

姿が見えなくても麻理子先生がいらっしゃったことがわかってしまったんです

足音で!!!

 

歩き方が調うと、歩く音も調うんだ

ってその時の私にとっては衝撃的なことでした。

 

そんな私が感じたことを

麻理子先生にお伝えしている中で

一般社団法人ぴんしゃんウォーキング協会が立ち上がるんだよ

ということ

インストラクター養成講座も近々あるんだよ

ということ

教えていただきました。

 

そして、3月末とゴールデンウィークに東京であった養成講座に参加し

ちびるかと思うくらい緊張した試験でしたが無事合格し!!!

晴れてぴんしゃんインストラクターに!!!

 

ものすごく端折りましたが

東京に一泊二日と三泊四日の二回に分けて

家をあけることがすでにすごい冒険でした。

試験よりもまず

その家を空けるということを夫や同居している夫の両親に

お願いすることがすっごくハードルが高かったことを覚えています。

 

するするっと

流れがきたので

ひょいひょいっと流れに乗ったような

そんな印象もあるかもしれませんが

 

流れに乗るためには

いくつか大切なことがあったな

って思うので4点書き留めておきます。

 

①自分のスペースを空けておくことの大切さ

私は、片づけということが大の苦手で

たくさんのものや思いに囲まれて生きてきました。

リラリラスタイルの片野あきこさんとの出会いのおかげさまで

今の自分に必要なもの以外を手放す、片を付ける

ということを日々やってきました。

今もやり続けています。

人は変化する生き物ですから、少しずつ見直しが必要です。

 

自分に必要のないものは手放し

自分のスペースを空けておくこと

 

すっと動き出せるポイントのひとつです。

しかも、明日は冬至です。

お片付けをするのに最高のタイミングです。

お部屋の片づけはハードルが高い!

というあなたは、

まずは、お財布の中やいつも持ち歩いているバッグの中を見直してみるのはおすすめです。

全部出してみると、意外とたくさんのものが入っていたりするんですよ。

 

②日々、コツコツと行動をすること

短期間で見た目に変化があったので

びっくりされることも多いのですが(笑)

意外と地道にやってました。

日々の一歩を意識しました。

日々意識したことによって

それはいつの間にか身に付き

無意識にできるようになりました。

 

子どもの頃

自転車に乗る練習や

逆上がりの練習を必死でやった経験はありませんか?

必死で何回も何回も練習して

あ!というタイミングでいきなりできるようになる。

その回数は、人によって違うんですよね。

だからこそのコツコツの大切さです。

 

③“自分が”が満たされ溢れてきたときの熱い思いを大切にする

文中にも書きましたが、

最初は、

自分のお尻が

自分のウエストが

自分の体形が

自分の変化にしか目がいきませんでした。

 

自分がかっらからに渇いていたから。

自分が人にほめてもらえないと不安だったから。

できない自分は存在する価値がないと思い込んでいたから。

 

私、常々【子どもは師匠】と思っているのですが

今回

私に気づきを与えてくれたのも

娘でした。

 

“自分が”

から

“まわりの方の喜び”へと

視点が変わった瞬間でした。

 

 

と、

ここまで3点を書いたところで

お誕生月が同じ12月の大好きな方とのお誕生会へと向かいました。

私好みの本がたくさん置いてあるカフェで

まんまるーいホットケーキをいただきました。

 

不思議なんですが

出てくる話題が

映画『君の名は』のこと

片づけのこと

量子物理学のこと

龍のこと

さらには、facebookに投稿しようと思って書きかけたこと……などなど

あれ?それさっき書いたこと!

最近おもっとること!!!!

ってことが多すぎて

なんだかここ数年の答え合わせのような時間でした。

ということで

 

④信頼信用たる人との時間

なにをするか

よりも

誰とあるか

それは、近くにいても遠くにいても

魂が

誰とともにあるか

 

 

 

それではまたっ

今日もスッと目線を上げて歩いていきましょう♪